テレワークについて(助成金)

コロナウイルスの発生により在宅勤務(テレワーク)の導入が進んでいます。

実際に自社社員が感染した場合を想定して、2週間程度在宅勤務を余儀なくされる場合に

企業としては事前に対策と準備が必要です。

 

具体的な取り組み例

1、自宅のパソコンから会社のパソコンへ接続して遠隔業務を行う

2、自宅からTV会議に参加する

3、会社への電話を転送して対応する

4、就労規則などの法整備

<重要>

テレワークで自宅のパソコンから会社へアクセスするので、セキュリティ対策をしっかり施していないと

大切なデータの流出、コンピューターウイルスへの感染が拡大します

当社では各自のパソコン、自宅のパソコンのセキュリティ対策、サポート

会社のパソコンにはセキュリティ対策はもちろんのこと、外部からのアクセスの記録、データの転送規制、記録など

便利さだけでなく、高いセキュリティとサポートをご提案致します

 

補助金も下記のように過去の取り組みにも遡って適用されます。

https://www.meti.go.jp/covid-19/index.html

当社では上記の対策、助成金の申請など各種サポート致します。

 

当社では四国中央市と近県に対応致します